ボーイ隊夏キャンプ

ジャンボリー直後、静原キャンプ場で夏キャンプです。(H30.8.13~16)

 今年は第17回日本ジャンボリーに多くのスカウトが参加しましたが、スカウトにとってのメインキャンプは夏の隊キャンプ。日程的にジャンボリー直後しか実施ができないということになったので、いつもより一日少ない3泊4日のキャンプとなりました。

 スカウトは元気、ジャンボリー組も元気です。静原までいきなり叡電鞍馬駅からのハイキングですが、たいしてへばることなく到着。しかも、各班1名のスカウトがかなり読図力があがってきました。周囲の地形を観察する力もついてきて、二日目の夜間ハイクも楽しみです。

 今回は班活動が多いキャンプなので、スカウトは余裕を持って野営生活を楽しんだようです。最近完成度のさがってきていた立ちかまども、なかなか丈夫なものができました。弱点はまだあるのですが、向上したのは間違いなし。進歩をたたえましょう。

 そして、夜間ハイキング。距離は短いのですが、真っ暗な道で、しかも始めて歩く道。今回は、野生動物への警戒を考えて、両班合同チームで賑やかに歩くこととなりました。彼らの使命は「災害救援」です。豪雨災害後に、車の入れない道を行き、けが人を助けるというもの。

 おっかなびっくり、でも声を出して歩き、トランシーバーで遠く離れたリーダーと交信確認をとりながら、暗闇を地図を読みながら歩きます。すると突然3人のけが人発見!さっそく応急処置をしたようですが、これがなかなか思い通りにいかず時間がかかってしまいました。暗いということ以前に、救急法がまだ身についていないという事ですね。今後の精進に期待します。

 救急法は未熟でしたが、読図担当のスカウトはたいしたもので、あまり迷わずに初めての道を先導しました。次は弟子を作ってもらいたいですね。(ヒライ副長)

ブログタグ一覧

年別アーカイブ一覧